読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オバマ大統領広島訪問、今度は安倍総理が真珠湾訪問?

この夏、アメリカ大統領が初めて広島を訪問した 原爆投下の是非について、謝罪についても何の言及もなかったが、現職大統領の広島訪問は初めてのことで日米関係に新しい足跡を残したのは事実だ 核廃絶宣言でノーベル賞を受賞したオバマ大統領は任期満了の際に広島を訪問、核廃絶宣言大統領としての職務を全うしたことになるのでしょう

被爆国日本としては謝罪なき訪問は意味がないと言いたいところだが、政治の世界ではそう簡単に事は運ばない

少なくとも表面上はこれで日本人のわだかまりも少しは減った、というのが素直な感情かもしれない

 そこで問題になるのが真珠湾

真珠湾奇襲攻撃で始まった太平洋戦争

アメリカ人にとって真珠湾は広島と同じくらいに先の大戦を想起させる場所だ

安倍総理がこの冬、真珠湾訪問を考えてるのは間違いない

広島、真珠湾を互いに訪問することで、新しい日米関係を構築したいと願っているはずだ

しかし、その場面で謝罪の言葉がないのも同じだ

日本人は本気で真珠湾攻撃が悪かったと思っているのか?

アメリカ人は広島、長崎への原爆投下を本気で悪かったと思っているのか?

お互いに素直に胸の内に聞いてみればおのずと答えがわかる

「経済封鎖をされた日本には真珠湾攻撃で先制打撃を与えるしか勝算はなかった」

「原爆投下で終戦を早め、犠牲者の数を減らしたかった」

過去の新聞記事などではこういう表現が模範解答になっている

どちらもやむをを得ない選択だったとしている

しかし戦後の多くの証言から、このことが単なる建前であることが明確だ

当時、あらゆる外交努力がなされたのだろうか?

軍隊を大陸から引き上げる道もあったはずだ

戦争回避の道はいくらでもあったのに

陸軍の戦争志向が暴走し、天皇ですらそれを止められなかったのだ

他方、アメリカも無力化した日本をあれ以上攻めても意味がなかった

なにもしなくても日本が降伏するのは目に見えていた

アメリカの目は日本ではなくソ連に向けられていた

冷戦を予想したアメリカはせっかく開発した原爆の威力を世界の注視する中で

爆発させ、見せつけたかったに過ぎない

事実、ソ連の勢いは止まり、日本占領はなかった

アメリカの冷酷な打算だけで広島・長崎の多くの命が犠牲になった

戦争は負けたらおしまいなのだ

いい戦争、悪い戦争などない

勝つか負けるか、だけだ

不思議なことに、アメリカは日本に勝った後、多くの戦争をしているが、一度も勝ったという話は聞かない

どこへ行っても負け戦ばかり

その相手は旧日本軍よりもはるかに劣勢な火力しか持っていないのにもかかわらずだ

それはなぜか?

核兵器が使えないからだ

通常兵器しか使えないからだ

それはアメリカ以外の多くの核保有国にも言えることだ

核兵器を封印した今、勝者は存在しないということだ

勝つには核しかない しかし使えない

使えばみなおしまいだ

この世の終わりだ

だからどこも使えない

勝敗のない戦いが続く

大量の破壊兵器と一握りのテロ攻撃

終わることのない戦さの世界

だから武力で事を解決しようとしてもダメなのだ

アメリカの銃社会

これだけ武器が野放しの国も珍しい

カッとなればすぐに銃を抜く

まるでガンマンの世界だ

こんな国が世界の平和を説く、まるでブラックジョークだ

米国だけでない  ロシアも英国もフランスも中国も武器ビジネスに熱中だ

世界中に武器をばらまいて、世界の平和、を叫んでいる

アメリカが銃社会から脱しない限り信用できない

そんなアメリカと日米軍事同盟を強化する安倍政権など信用できるわけがない